温泉に関して
Q. 新高湯温泉の泉質や特徴を教えて下さい。
Q. 加温や加水、循環をしてますか?
Q. 新高湯温泉? 福島県の高湯温泉とは違うのですね?!
Q. 麓の白布温泉と源泉は同じですか?
四季に関して
Q. 秋の紅葉見頃は、いつ頃でしょうか?
Q. 冬季、宿は閉鎖ですか?雪はいつ頃から降りますか?
アクセスに関して
Q. 白布温泉からマイカーで5分。天元台湯元より1km 山奥の細道?噂ではアクセスがタイヘンということですが?
Q. 公共交通(JR)利用の場合 お迎えはありますか?
Q. オートバイですが、宿まで行けますか?
Q. 天元台湯元(終点バス停)から宿まで歩くと、どのくらい?
Q. 関東方面から行く際の最寄りインターは?
Q. 宿から天元台高原へ続く登山道があると聞いたのですが、時間とコース状況を教えて下さい。
Q. 場所は高湯温泉、浄土平あたりですよね?
Q. ハイブリッド車なのですが、急勾配と云われる宿の道は大丈夫?
Q. 軽自動車ですが、宿まで行けますか?
Q. 大きいサイズの車、また車高が低めなのですが、道幅とか大丈夫でしょうか?
Q. 大型バスでの乗り入れは可能ですか?
Q. ドライバーの技量に負う? テクニシャンじゃなければダメなの??
Q. ズバリ教えて下さい。 プリウスですがアクセスできますか?※グリーン季
Q. 帰りも、バス停まで送って頂けますか?
予約に関して
Q. Web予約がうまく行かないので、Webのプランを電話で予約できますか?
Q. 「日本秘湯を守る会」のお宿ですよね。 スタンプ帳に押印して頂けますか?
Q. 宿泊をキャンセルさせて頂く場合のキャンセル料を確認したいのですが・・・?
Q. Web予約したいのですが、日本秘湯を守る会発行のスタンプ帳に押印して頂けますか?
Q. 満室は、やっぱり満室ですよね?キャンセル待ちは可能でしょうか??
ご宿泊に関して
Q. チェックイン時間は何時ですか?
Q. アメニティ類は何がつきますか?
Q. クレジットカード精算はできますか?
Q. ペットと一緒に泊まれますか?
Q. ケータイの電波状況を教えて下さい。 また、Wi-Fiの環境・・・無いですよね?
Q. エアコンありますか?
Q. 虫とか蚊とか多いですか?
Q. 巷では猛暑日、熱中症という言葉が飛び交ってますが、山奥(標高1126m)は、どんな感じですか?
お風呂に関して
Q. 入浴できる時間を教えて下さい。
Q. 露天風呂の女性タイムがあると聞いたのですが?
Q. 貸切風呂(にごり源泉イイフロ)は、予約が必要ですか?
Q. 立寄り入浴(日帰り入浴)は、出来ますか?
お食事に関して
Q. 2名宿泊で、1名はスタンダード、1名はステーキ付きというお願いは可能ですか?
Q. お肉NG何ですけど、対応して頂けますか?
Q. 川魚NGなんですが、対応して頂けまか?
Q. ベジタリアン、食物アレルギーに関して対応頂けますか?
Q. 一人旅です。 食事は部屋食にお願いできますか?
Q. 新高湯温泉の泉質や特徴を教えて下さい。
A. 泉質は、含硫黄‐カルシウム‐硫酸塩温泉(石膏硫化水素泉)(低張性中性高温泉)
自然湧出で、毎分170リットル
源泉温度は55.6℃
pH値 7.0
無色清澄にして異臭味なし。

「肌当たりの優しい芯からポカポカする入り心地です」
Q. 加温や加水、循環をしてますか?
A. 源泉温度55.6℃ 湯船直前湯溜まり温度52℃ですので、温度調整は湯量の加減でのみ温度調整しております。
但し、夏場など加水し湯温調整する場合があります。

循環(装置)は一切なく、屋内部露天風呂全て源泉掛け流しです。

源泉も天然自噴する温泉を高低差による圧力だけで館内に引湯しており、動力、電力に左右されない温泉です。
Q. 新高湯温泉? 福島県の高湯温泉とは違うのですね?!
A. はい。 福島県の高湯温泉と新高湯温泉(山形県)は、違う温泉で、場所も車で90分ほど離れております。

白布温泉 → 正式名:白布高湯温泉
その・・高湯にたいしての、新高湯でございます。

ご疑問をきっかけに、3つも巡って頂ければ最高です。
Q. 麓の白布温泉と源泉は同じですか?
A. 白布と新高湯の源泉は違います。

新高湯温泉の源泉は、吾妻屋旅館の宿裏、更に数百m奥地で自然自噴しております。(毎分170L)

白布温泉の源泉は、天元台湯元の近くで自然自噴しております。(毎分1500L)

源泉と源泉の直線距離が1.5km、標高差約300mですので、別々の湯脈と見ております。
Q. 秋の紅葉見頃は、いつ頃でしょうか?
A. 標高1126mの紅葉見頃ピークは例年10月15日〜25日。
その前後1週間(10月10日頃〜10月末頃)を紅葉シーズンと位置付けております。
但し、西吾妻山(天元台高原)山頂標高2035mを絡める場合は、9月下旬〜10月中旬前が最適でしょう。
Q. 冬季、宿は閉鎖ですか?
雪はいつ頃から降りますか?
A. 通年営業です(^_-)-☆

例年、初雪は11月中旬頃。本格的には11月下旬です。
標高1126mですので、下界が雨でも雪が降ってる可能性がございますので、微妙なときは宿にお問い合わせください。
Q. 白布温泉からマイカーで5分。
天元台湯元より1km 山奥の細道?
噂ではアクセスがタイヘンということですが?
A. はい。マイカーで大丈夫です。(冬季を除く)

天元台湯元〜宿 奥の山道は、一部未舗装で殆ど簡易舗装路です。すれ違いの心配はホボございません。
宿に近づくほど勾配が急になりますので、非力な車種はご苦労なさるかも知れません。

ご宿泊のお客様は、天元台湯元大駐車場(無料)に駐車なされ、宿の送迎車を御利用頂くという選択肢もございます。
Q. 公共交通(JR)利用の場合 お迎えはありますか?
A. 米沢駅→白布湯元(天元台湯元)の区間は、山形交通の路線バスをご利用いただき、バスの終点(湯元)から宿まで(奥の山道1km)は、宿の送迎車が迎え送りします。(宿泊者様のみ)
主なバス時刻
 米沢駅前 13:45 → 14:26湯元着
 米沢駅前 15:40 → 16:41湯元着
※バス乗車時、または到着時、宿に電話してください。
Q. オートバイですが、宿まで行けますか?
A. YES&NO(^^)
基本的に大丈夫ですが、宿に近づくほど勾配が急になります(簡易アスファルト)ので、操作技術の差が歴然と出ます。
大型、スクーターを問わず、技術レベルの高い方は「ん?! なんとも無かったよ」と言われます。
“じゃない”方は、「ハンパねぇ 絶対無理!」という類の方もおられます。

マイカー同様に天元台湯元大駐車場(無料)に駐車し、宿の送迎(宿泊者)という選択肢がございます。
Q. 天元台湯元(終点バス停)から宿まで歩くと、どのくらい?
A. ゆっくり歩いて30分ぐらいです。

1000mの奥の山道(一部未舗装、殆ど簡易舗装)
急ぎ足だと15分程度ですが、渓流を愛でながら緩やかなペースで坂道を歩かれると気持ちいいです。
Q. 関東方面から行く際の最寄りインターは?
A. 磐越道 猪苗代磐梯高原インターが最寄りになります。
※但し、冬季(11月〜4月下旬)を除く

猪苗代磐梯高原インターより60分です。
Q. 宿から天元台高原へ続く登山道があると聞いたのですが、時間とコース状況を教えて下さい。
A. ございます。 0.8kmの登山道で、約30分

標高1126mの宿 → 標高1350mの天元台高原
標高差から結構な勾配であることをお察し下さい。

この区間は、一本道です。迷う心配はございません。

西吾妻トレッキングをなさるのであれば、麓に下ってロープウエイを利用され、体力を山頂でお使い頂くことを薦めております。
Q. 場所は高湯温泉、浄土平あたりですよね?
A. それは、福島の高湯温泉ですね。
ここは新高湯温泉と申しまして、山形県米沢市にございます。
久留米と東久留米みたいなもんです。

一般論として、名前、地名のお間違いは、間違う側に責があるのが日本的な礼儀です。 と、誰かが言ってました。
Q. ハイブリッド車なのですが、急勾配と云われる宿の道は大丈夫?
A. 車種によります。 というと具体性に乏しいので、ギリギリOKなお答え方をいたします。
T社はOKです。
H社はNGです。
2015/6/13現在

日々、技術革新が行われ、見えないカイゼンもありますので、数年後は良くなるでしょう。。  車が(笑)
Q. 軽自動車ですが、宿まで行けますか?
A. 安心してください。
日本の軽自動車は意外に馬力(&トルク)があり、上りは低いギアに入れると問題ございません。
Q. 大きいサイズの車、また車高が低めなのですが、道幅とか大丈夫でしょうか?
A. 10トンダンプより大きく無ければ問題ございません(笑)
車高に関しても、ポルシェ、フェラーリ、ホンダビート等も来ておりますので、要はドライバーの器量に委ねる類のことです。

けして、広く平坦な道ではありませんが、人生がそうであるようにチャレンジする心と冷静さに負うところが大きいです。
Q. 大型バスでの乗り入れは可能ですか?
A. 大型バス(全長12m超)は不可です。
但し、中型バス(9m)は微妙。
小型バス(7m)は乗り入れ可能です。

というように、大型バスの乗り入れができない所が、秘湯の静粛感を維持する所以でもございます。

またマイカーと同様、ドライバーの技量(並以上)に負います。
Q. ドライバーの技量に負う?
 テクニシャンじゃなければダメなの??
A. 平均的な技量で問題ございません。
 日常の生活で、普通に操作されていれば大丈夫(⌒▽⌒)
なので、山奥の細道(急坂アリ)という非日常ゆえ、身構えることは当然でありますが、3歳児でも、73歳紳士でも、最初の経験は初めてなのです(笑)
 人生における誇りの一つとして、ここでの経験をお加え頂ければ幸いです。

※女性のほうが技量も心も高く強い(個人的感想)
Q. ズバリ教えて下さい。
 プリウスですがアクセスできますか?
※グリーン季
A. 余裕で出来ます。
 ヘイトコメントを控えておりますので、この車はダメとは言えませんが、プリウスの低速トルクは心強いです。
 マイカーであるなら惚れ直しますよ(笑)
 
Q. 帰りも、バス停まで送って頂けますか?
A. はい。 次のバス時刻に合せて、始発バス停(湯元)までお送りします。

・湯元発9:20(米沢駅前10:04着)

・湯元発10:10(米沢駅前10:54着)※平日のみ
Q. Web予約がうまく行かないので、Webのプランを電話で予約できますか?
A. はい。できます。

電話受付時間 7:03〜21:01 にお電話頂き、プラン名をお伝え下さい。 但し、Webの多彩なプランに電話受付者が対応してない場合がありますので、その際は大らかなる寛大さでお申込みくださいますようお願い致します。
Q. 「日本秘湯を守る会」のお宿ですよね。 スタンプ帳に押印して頂けますか?
A. スタンプ帳の押印、新規発行は【日本秘湯を守る会公式Web予約】、または【直接電話予約】が対象になります。

【宿Webページ予約も押印対象外】でございますので、ご留意ください。


日本秘湯を守る会公式Webの吾妻屋旅館申し込み
→ http://www.hitou.or.jp/hymbrrsv/hymbr_pg03.html?yc=ya035
Q. 宿泊をキャンセルさせて頂く場合のキャンセル料を確認したいのですが・・・?
A. キャンセルポリシーは以下の通りでございます。

・予約人数の変更や、プランの変更が生じた場合には必ずお電話でご連絡ください。
※宿泊日直前、もしくは当日になっての予約内容変更につきましては、キャンセル料金をいただく場合がございますので予めご了承ください。
・予約キャンセルされる場合は、以下の通りキャンセル料をいただいております。
7日前=宿泊料の20%
6-2日前=宿泊料の30%
前日=宿泊料の50%
当日=宿泊料の80%
無断不泊=宿泊料の100%
Q. Web予約したいのですが、日本秘湯を守る会発行のスタンプ帳に押印して頂けますか?
A. 秘湯スタンプ帳への押印(新規発行)は、【日本秘湯を守る会公式Web予約】もしくは、【宿への直接電話予約】のみが対象です。

是非、日本秘湯を守る会公式サイトで会員登録し、秘湯めぐりを始めてみましょう!
http://www.hitou.or.jp/hymbrrsv/hymbr_pg03.html?yc=ya035
Q. 満室は、やっぱり満室ですよね?
キャンセル待ちは可能でしょうか??
A. 当宿の傾向として(前置き)

1,秘湯Web予約
2,電話
3,他の予約

なので、満室であっても秘湯Web予約枠で残り1室がある傾向がございます。
その際は、是非、秘湯Web予約をご利用ください。

また、キャンセル待ちに関しましては、リピーター様のみお受けさせて頂いております。
Q. チェックイン時間は何時ですか?
A. チェックインは、14時30分〜17:30迄ににお願いします。
【日没前到着】山奥の秘湯の掟でございます(^^)
尚、上記時間帯より前後する場合はご相談ください。
Q. アメニティ類は何がつきますか?
A. 浴衣、歯ブラシ、タオル、バスタオルは付属します。
★カミソリはご希望の方に提供(無料)。
ボディーソープとシャンプーは屋内風呂に常備。
ドライヤーは屋内風呂と洗面コーナーに常備しています。
Q. クレジットカード精算はできますか?
A. お取り扱いいたしておりません。
現地でのご精算は現金のみになります。

Web予約に関しましては、【楽天トラベル】事前カード決済がご利用いただけます。
■2017年8月現在

Q. ペットと一緒に泊まれますか?
A. 誠に畏れ入りますが、諸般の事情を総合的に鑑み、ペット同宿は出来ません。

なお、宿前に駐車場がありますので、車中にペット様を御滞在頂くことは可能かと存じます。
Q. ケータイの電波状況を教えて下さい。
 また、Wi-Fiの環境・・・無いですよね?
A. ケータイエリアに関しては次の通りです。2014年7月時点

au byKDDI→◎4G(LTE)

Docomo →◎3G(FOMA+)※Xi非対応

SoftBank →△3G ※屋外で通話通信可能

尚、WILLCOM、EMOBILEは圏外です。

Wi-Fiに関しましては、auのLTE経由Wi-Fi(通信料制限あり)を条件付きでご使用頂けます。
Q. エアコンありますか?
A. 無いです。

と言うと端的なのですが、実は夏場でも標高1126mは最高気温が25℃超えると真夏日。 28℃超えると猛暑日と呼んでおりまして、エアコンが必要ないのでございます。
尚、風呂あがりのクールダウン用に各部屋にちっちゃい扇風機を置いております。
Q. 虫とか蚊とか多いですか?
A. 意外と少ないです。

標高1126mレベルになりますと、ゼロではありませんが虻や蚊は意外と少ないです。
日中の気温が上がる時間帯、夕方の時間帯など、一時的に賑わう?時がありますが、夕暮れ時になりますと、風がヒンヤリとして虻や蚊は活動を休止するようです。
Q. 巷では猛暑日、熱中症という言葉が飛び交ってますが、山奥(標高1126m)は、どんな感じですか?
A. 標高差100m上がると0.65℃下がり、標高差1000mであれば6.5℃違うというのが理屈でございます。
が、アスファルトに囲まれた都市部、中央市街と99%以上森林に覆われている山奥の宿では、真夏で10℃前後違うこともしばしば。

結論が後になりましたが、猛暑日、熱中症という言葉はココにはありません。 熱帯夜という言葉も。
信じられないのも無理ございませんが、果たしてどちらが人の生存環境に適してるのかは、理研で研究して頂くまでもありません(笑)
Q. 入浴できる時間を教えて下さい。
A. 露天風呂・屋内風呂ともに一晩中入浴できます。
※午前 9 時〜12 時に順次清掃(毎日)いたします。
Q. 露天風呂の女性タイムがあると聞いたのですが?
A. はい。 宿泊のお客様限定になりますが
18:30 〜 20:01 は、全ての露天風呂を女性タイムといたしております。 その時間帯、男性の方は屋内風呂のみのご利用となります。

また、女性専用露天風呂(大岩たぬき風呂)を男性の方に利用頂く早朝男性タイム 6:01〜7:30を設けております。
Q. 貸切風呂(にごり源泉イイフロ)は、予約が必要ですか?
A. 先着ドアロック貸切方式を採用いたしております。

予約でなく、空いている時にいち早くドアの内鍵をロックすれば貸切となります。

予約制=有料化 は、現在致しておりません。
Q. 立寄り入浴(日帰り入浴)は、出来ますか?
A. ご宿泊でないお客様にも、5箇所の露天風呂に限り
12:30〜16:00 の時間帯、立寄り入浴が可能です。

尚、冬季や平日(シーズンオフ)など、事前にお問合せ頂き状況を確認頂きますことをお願いします。
→臨時休館している場合がございます。
Q. 2名宿泊で、1名はスタンダード、1名はステーキ付きというお願いは可能ですか?
A. はい。 可能です。

電話予約時は、その旨を伝えて下さい。
WEB予約時は、スタンダードでお申込いただき、コメント記入か電話にて、その旨を伝えて下さい。
Q. お肉NG何ですけど、対応して頂けますか?
A. はい。 対応いたします。
お肉に替えて違う内容にいたします。
予約時にお伝え下さい。
Q. 川魚NGなんですが、対応して頂けまか?
A. はい。 対応可能です。

川魚を違う内容に替えて対応いたします。
予約時にお伝え下さい。
Q. ベジタリアン、食物アレルギーに関して対応頂けますか?
A. 出来る範囲で対応させて頂きますが、あまりにも制約やNGが多い場合は、宿泊をご遠慮頂く場合がございます。
Q. 一人旅です。 食事は部屋食にお願いできますか?
A. 夕食、朝食ともに、基本が部屋食でございます。

4名様以上〜 のグループ様や客室が複数になる場合は、別個室を準備いたしております。(宿おまかせ)
いずれにせよ、他のお客様と一緒というカタチではございません。
ページのTOPへ
mooqa by moo