よくあるご質問 FAQ

コミュニケーション

集合知が参考になるのは確かです。
ただし、確かな情報をえるには推量統計学上、一定以上のサンプル数が必要です。また、地元でも行ったことない人が思い込みのもと饒舌に語る場合があります。
ご注意ください。
逆質問例:「行ったことあるんですか?」 「それは何年前の情報でしょう?」

はい。マイカーで大丈夫です。(冬季を除く)
天元台湯元~宿 奥の山道は、一部未舗装で殆ど簡易舗装路です。すれ違いの心配はホボございません。
宿に近づくほど勾配が急になりますので、非力な車種はご苦労なさるかも知れません。ご宿泊のお客様は、天元台湯元大駐車場(無料)に駐車なされ、宿の送迎車を御利用頂くという選択肢もございます。
因みに坂道が登れないという割合は5%(20台に1台) 要は95%は大丈夫というレベル(笑)

温泉について

はい。 高湯温泉(福島県)と新高湯温泉(山形県)は、違う温泉地です。
車で90分ほど離れております。

新高湯とは山形県の白布温泉 → 正式名:白布高湯温泉
その・・高湯にたいしての、新高湯でございます。

ご疑問をきっかけに、3つも巡って頂ければ最高です。

2km麓の白布高湯と新高湯の源泉は違います。
新高湯温泉の源泉は、吾妻屋旅館の宿裏、更に数百m奥地で自然自噴しております。(毎分170L)

白布温泉の源泉は、天元台湯元の近くで自然自噴しております。(毎分1500L)

源泉と源泉の直線距離が1.5km、標高差約300mですので、別々の湯脈と見ております。

アクセスについて

集合知が参考になるのは確かです。
ただし、確かな情報をえるには推量統計学上、一定以上のサンプル数が必要です。また、地元でも行ったことない人が思い込みのもと饒舌に語る場合があります。
ご注意ください。
逆質問例:「行ったことあるんですか?」 「それは何年前の情報でしょう?」

運が良ければ大丈夫です!

山形県内でのノーマルタイヤをスタッドレスタイヤに履き替えるタイミングは11月中旬、もしくは降雪があった時点というのが一般的です。

尚、微妙な時期でノーマルタイヤの場合、タイヤチェーンを持参することで、なんとかなります。
装着した経験がアレバの話ですが・・・

YES&NO(^^)
基本的に大丈夫ですが、宿に近づくほど勾配が急になります(簡易アスファルト)ので、操作技術の差が歴然と出ます。
大型、スクーターを問わず、技術レベルの高い方は「ん?! なんとも無かったよ」と言われます。
“じゃない”方は、「ハンパねぇ 絶対無理!」という類の方もおられます。

マイカー同様に天元台湯元大駐車場(無料)に駐車し、宿の送迎(宿泊者)という選択肢がございます。

余裕で出来ます。
 ヘイトコメントを控えておりますので、この車はダメとは言えませんが、プリウスの低速トルクは心強いです。
 マイカーであるなら惚れ直しますよ(笑)

平均的な技量で問題ございません。
 日常の生活で、普通に操作されていれば大丈夫(⌒▽⌒)
なので、山奥の細道(急坂アリ)という非日常ゆえ、身構えることは当然でありますが、3歳児でも、73歳紳士でも、最初の経験は初めてなのです(笑)
 人生における誇りの一つとして、ここでの経験をお加え頂ければ幸いです。

※女性のほうが技量も心も高く強い(個人的感想)
それは、福島の高湯温泉ですね。
ここは新高湯温泉と申しまして、山形県米沢市にございます。
久留米と東久留米みたいなもんです。

一般論として、名前、地名のお間違いは、間違う側に責があるのが日本的な礼儀です。 と、誰かが言ってました。

米沢駅→白布湯元(天元台湯元)の区間は、山形交通の路線バスをご利用いただき、バスの終点(湯元)から宿まで(奥の山道1km)は、宿の送迎車が迎え送りします。(宿泊者様のみ)
主なバス時刻
 米沢駅前 13:30 → 14:11湯元着
 米沢駅前 15:40 → 16:41湯元着
※バス乗車時、または到着時、宿に電話してください。

10トンダンプより大きく無ければ問題ございません(笑)
車高に関しても、ポルシェ、フェラーリ、ホンダビート等も来ておりますので、要はドライバーの器量に委ねる類のことです。

けして、広く平坦な道ではありませんが、人生がそうであるようにチャレンジする心と冷静さに負うところが大きいです。

大型バス(全長12m超)は不可です。
但し、中型バス(9m)は微妙。
小型バス(7m)は乗り入れ可能です。

というように、大型バスの乗り入れができない所が、秘湯の静粛感を維持する所以でもございます。

またマイカーと同様、ドライバーの技量(並以上)に負います。

ゆっくり歩いて30分ぐらいです。

1000mの奥の山道(一部未舗装、殆ど簡易舗装)
急ぎ足だと15分程度ですが、渓流を愛でながら緩やかなペースで坂道を歩かれると気持ちいいです。

ございます。 0.8kmの登山道で、約30分

標高1126mの宿 → 標高1350mの天元台高原
標高差から結構な勾配であることをお察し下さい。

この区間は、一本道です。迷う心配はございません。

西吾妻トレッキングをなさるのであれば、麓に下ってロープウエイを利用され、体力を山頂でお使い頂くことを薦めております。
はい。 次のバス時刻に合せて、始発バス停(湯元)までお送りします。

・湯元発9:20(米沢駅前10:04着)

・湯元発10:10(米沢駅前10:54着)※平日のみ

はい。 高湯温泉(福島県)と新高湯温泉(山形県)は、違う温泉地です。
車で90分ほど離れております。

新高湯とは山形県の白布温泉 → 正式名:白布高湯温泉
その・・高湯にたいしての、新高湯でございます。

ご疑問をきっかけに、3つも巡って頂ければ最高です。

答えから申し上げますと、ほとんど大丈夫です。(*^^*)

確かに稀に勾配で登れなかったり、諦めたりする人がおられます。

例えばの話ですが、皆さんの小学生時代、クラスで鉄棒の逆上がり出来なかったり、自転車に乗れなかったりするお友達が必ずいたはずです。
鉄棒がなければ、逆上がりすることもありません。
自転車がなければ、それに乗る乗れないというお話自体ありません。

「出来なくてもいいんですよ」 「人には得意、不得意がありますからね」
「鉄棒のせいにしたり、自転車のせいにしたりするのは、違いますよねぇ」
というレベルのお話(情報)

そんな私の愛車はアクアFFです(笑) ケートラもよく乗ってます。

はい。マイカーで大丈夫です。(冬季を除く)
天元台湯元~宿 奥の山道は、一部未舗装で殆ど簡易舗装路です。すれ違いの心配はホボございません。
宿に近づくほど勾配が急になりますので、非力な車種はご苦労なさるかも知れません。ご宿泊のお客様は、天元台湯元大駐車場(無料)に駐車なされ、宿の送迎車を御利用頂くという選択肢もございます。
因みに坂道が登れないという割合は5%(20台に1台) 要は95%は大丈夫というレベル(笑)

安心してください。
日本の軽自動車は馬力(&トルク)があり、上りは低いギアに入れると問題ございません。

雪が積もってしまうと、4WD以外の車で、標高1126mへ直接乗り付けることは不可能になります。

その際(積雪時)は、天元台高原駐車場をご利用頂き、ご宿泊のお客様は宿の送迎車をご利用頂きます。

尚、当然のことながら全てスタッドレスタイヤを装着している前提での話です。

11月中旬以降は雪が降る(積もる)と思ってください。
降らない場合もありますが、それは運がいい!?的に。

降雪期(積雪時)においては、車のスタッドレスタイヤ装着が必須になります。※もしくはタイヤチェーン

積雪がある場合、標高1126mへの直接アクセスは、ご遠慮頂いており、1km手前の天元台高原に駐車頂き、ご宿泊のお客様は宿の送迎車を利用頂いております。

2km麓の白布高湯と新高湯の源泉は違います。
新高湯温泉の源泉は、吾妻屋旅館の宿裏、更に数百m奥地で自然自噴しております。(毎分170L)

白布温泉の源泉は、天元台湯元の近くで自然自噴しております。(毎分1500L)

源泉と源泉の直線距離が1.5km、標高差約300mですので、別々の湯脈と見ております。

予約について

YES&NO(^^)
基本的に大丈夫ですが、宿に近づくほど勾配が急になります(簡易アスファルト)ので、操作技術の差が歴然と出ます。
大型、スクーターを問わず、技術レベルの高い方は「ん?! なんとも無かったよ」と言われます。
“じゃない”方は、「ハンパねぇ 絶対無理!」という類の方もおられます。

マイカー同様に天元台湯元大駐車場(無料)に駐車し、宿の送迎(宿泊者)という選択肢がございます。

それは、福島の高湯温泉ですね。
ここは新高湯温泉と申しまして、山形県米沢市にございます。
久留米と東久留米みたいなもんです。

一般論として、名前、地名のお間違いは、間違う側に責があるのが日本的な礼儀です。 と、誰かが言ってました。

米沢駅→白布湯元(天元台湯元)の区間は、山形交通の路線バスをご利用いただき、バスの終点(湯元)から宿まで(奥の山道1km)は、宿の送迎車が迎え送りします。(宿泊者様のみ)
主なバス時刻
 米沢駅前 13:30 → 14:11湯元着
 米沢駅前 15:40 → 16:41湯元着
※バス乗車時、または到着時、宿に電話してください。

10トンダンプより大きく無ければ問題ございません(笑)
車高に関しても、ポルシェ、フェラーリ、ホンダビート等も来ておりますので、要はドライバーの器量に委ねる類のことです。

けして、広く平坦な道ではありませんが、人生がそうであるようにチャレンジする心と冷静さに負うところが大きいです。

大型バス(全長12m超)は不可です。
但し、中型バス(9m)は微妙。
小型バス(7m)は乗り入れ可能です。

というように、大型バスの乗り入れができない所が、秘湯の静粛感を維持する所以でもございます。

またマイカーと同様、ドライバーの技量(並以上)に負います。

ゆっくり歩いて30分ぐらいです。

1000mの奥の山道(一部未舗装、殆ど簡易舗装)
急ぎ足だと15分程度ですが、渓流を愛でながら緩やかなペースで坂道を歩かれると気持ちいいです。

はい。マイカーで大丈夫です。(冬季を除く)
天元台湯元~宿 奥の山道は、一部未舗装で殆ど簡易舗装路です。すれ違いの心配はホボございません。
宿に近づくほど勾配が急になりますので、非力な車種はご苦労なさるかも知れません。ご宿泊のお客様は、天元台湯元大駐車場(無料)に駐車なされ、宿の送迎車を御利用頂くという選択肢もございます。
因みに坂道が登れないという割合は5%(20台に1台) 要は95%は大丈夫というレベル(笑)

安心してください。
日本の軽自動車は馬力(&トルク)があり、上りは低いギアに入れると問題ございません。

◯◯のシーズンについて

運が良ければ大丈夫です!

山形県内でのノーマルタイヤをスタッドレスタイヤに履き替えるタイミングは11月中旬、もしくは降雪があった時点というのが一般的です。

尚、微妙な時期でノーマルタイヤの場合、タイヤチェーンを持参することで、なんとかなります。
装着した経験がアレバの話ですが・・・

雪が積もってしまうと、4WD以外の車で、標高1126mへ直接乗り付けることは不可能になります。

その際(積雪時)は、天元台高原駐車場をご利用頂き、ご宿泊のお客様は宿の送迎車をご利用頂きます。

尚、当然のことながら全てスタッドレスタイヤを装着している前提での話です。

11月中旬以降は雪が降る(積もる)と思ってください。
降らない場合もありますが、それは運がいい!?的に。

降雪期(積雪時)においては、車のスタッドレスタイヤ装着が必須になります。※もしくはタイヤチェーン

積雪がある場合、標高1126mへの直接アクセスは、ご遠慮頂いており、1km手前の天元台高原に駐車頂き、ご宿泊のお客様は宿の送迎車を利用頂いております。

宿泊するにあたり

集合知が参考になるのは確かです。
ただし、確かな情報をえるには推量統計学上、一定以上のサンプル数が必要です。また、地元でも行ったことない人が思い込みのもと饒舌に語る場合があります。
ご注意ください。
逆質問例:「行ったことあるんですか?」 「それは何年前の情報でしょう?」

YES&NO(^^)
基本的に大丈夫ですが、宿に近づくほど勾配が急になります(簡易アスファルト)ので、操作技術の差が歴然と出ます。
大型、スクーターを問わず、技術レベルの高い方は「ん?! なんとも無かったよ」と言われます。
“じゃない”方は、「ハンパねぇ 絶対無理!」という類の方もおられます。

マイカー同様に天元台湯元大駐車場(無料)に駐車し、宿の送迎(宿泊者)という選択肢がございます。

それは、福島の高湯温泉ですね。
ここは新高湯温泉と申しまして、山形県米沢市にございます。
久留米と東久留米みたいなもんです。

一般論として、名前、地名のお間違いは、間違う側に責があるのが日本的な礼儀です。 と、誰かが言ってました。

米沢駅→白布湯元(天元台湯元)の区間は、山形交通の路線バスをご利用いただき、バスの終点(湯元)から宿まで(奥の山道1km)は、宿の送迎車が迎え送りします。(宿泊者様のみ)
主なバス時刻
 米沢駅前 13:30 → 14:11湯元着
 米沢駅前 15:40 → 16:41湯元着
※バス乗車時、または到着時、宿に電話してください。

ゆっくり歩いて30分ぐらいです。

1000mの奥の山道(一部未舗装、殆ど簡易舗装)
急ぎ足だと15分程度ですが、渓流を愛でながら緩やかなペースで坂道を歩かれると気持ちいいです。

ございます。 0.8kmの登山道で、約30分

標高1126mの宿 → 標高1350mの天元台高原
標高差から結構な勾配であることをお察し下さい。

この区間は、一本道です。迷う心配はございません。

西吾妻トレッキングをなさるのであれば、麓に下ってロープウエイを利用され、体力を山頂でお使い頂くことを薦めております。
はい。 次のバス時刻に合せて、始発バス停(湯元)までお送りします。

・湯元発9:20(米沢駅前10:04着)

・湯元発10:10(米沢駅前10:54着)※平日のみ
答えから申し上げますと、ほとんど大丈夫です。(*^^*)

確かに稀に勾配で登れなかったり、諦めたりする人がおられます。

例えばの話ですが、皆さんの小学生時代、クラスで鉄棒の逆上がり出来なかったり、自転車に乗れなかったりするお友達が必ずいたはずです。
鉄棒がなければ、逆上がりすることもありません。
自転車がなければ、それに乗る乗れないというお話自体ありません。

「出来なくてもいいんですよ」 「人には得意、不得意がありますからね」
「鉄棒のせいにしたり、自転車のせいにしたりするのは、違いますよねぇ」
というレベルのお話(情報)

そんな私の愛車はアクアFFです(笑) ケートラもよく乗ってます。