よくあるご質問 FAQ

コミュニケーション

集合知が参考になるのは確かです。
ただし、確かな情報をえるには推量統計学上、一定以上のサンプル数が必要です。また、地元でも行ったことない人が思い込みのもと饒舌に語る場合があります。
ご注意ください。
逆質問例:「行ったことあるんですか?」 「それは何年前の情報でしょう?」

There is no staff who speaks English

アクセスについて

集合知が参考になるのは確かです。
ただし、確かな情報をえるには推量統計学上、一定以上のサンプル数が必要です。また、地元でも行ったことない人が思い込みのもと饒舌に語る場合があります。
ご注意ください。
逆質問例:「行ったことあるんですか?」 「それは何年前の情報でしょう?」

YES&NO(^^)
基本的に大丈夫ですが、宿に近づくほど勾配が急になります(簡易アスファルト)ので、操作技術の差が歴然と出ます。
大型、スクーターを問わず、技術レベルの高い方は「ん?! なんとも無かったよ」と言われます。
“じゃない”方は、「ハンパねぇ 絶対無理!」という類の方もおられます。

マイカー同様に天元台湯元大駐車場(無料)に駐車し、宿の送迎(宿泊者)という選択肢がございます。

それは、福島の高湯温泉ですね。
ここは新高湯温泉と申しまして、山形県米沢市にございます。
久留米と東久留米みたいなもんです。

一般論として、名前、地名のお間違いは、間違う側に責があるのが日本的な礼儀です。 と、誰かが言ってました。

米沢駅→白布湯元(天元台湯元)の区間は、山形交通の路線バスをご利用いただき、バスの終点(湯元)から宿まで(奥の山道1km)は、宿の送迎車が迎え送りします。(宿泊者様のみ)
主なバス時刻
 米沢駅前 13:30 → 14:11湯元着
 米沢駅前 15:40 → 16:41湯元着
※バス乗車時、または到着時、宿に電話してください。

ゆっくり歩いて30分ぐらいです。

1000mの奥の山道(一部未舗装、殆ど簡易舗装)
急ぎ足だと15分程度ですが、渓流を愛でながら緩やかなペースで坂道を歩かれると気持ちいいです。

ございます。 0.8kmの登山道で、約30分

標高1126mの宿 → 標高1350mの天元台高原
標高差から結構な勾配であることをお察し下さい。

この区間は、一本道です。迷う心配はございません。

西吾妻トレッキングをなさるのであれば、麓に下ってロープウエイを利用され、体力を山頂でお使い頂くことを薦めております。
はい。 次のバス時刻に合せて、始発バス停(湯元)までお送りします。

・湯元発9:20(米沢駅前10:04着)

・湯元発10:10(米沢駅前10:54着)※平日のみ
答えから申し上げますと、ほとんど大丈夫です。(*^^*)

確かに稀に勾配で登れなかったり、諦めたりする人がおられます。

例えばの話ですが、皆さんの小学生時代、クラスで鉄棒の逆上がり出来なかったり、自転車に乗れなかったりするお友達が必ずいたはずです。
鉄棒がなければ、逆上がりすることもありません。
自転車がなければ、それに乗る乗れないというお話自体ありません。

「出来なくてもいいんですよ」 「人には得意、不得意がありますからね」
「鉄棒のせいにしたり、自転車のせいにしたりするのは、違いますよねぇ」
というレベルのお話(情報)

そんな私の愛車はアクアFFです(笑) ケートラもよく乗ってます。

予約について

There is no staff who speaks English

無いです。

と言うと端的なのですが、実は夏場でも標高1126mは最高気温が25℃超えると真夏日。 28℃超えると猛暑日と呼んでおりまして、エアコンが必要ないのでございます。
尚、風呂あがりのクールダウン用に各部屋にちっちゃい扇風機を置いております。

YES&NO(^^)
基本的に大丈夫ですが、宿に近づくほど勾配が急になります(簡易アスファルト)ので、操作技術の差が歴然と出ます。
大型、スクーターを問わず、技術レベルの高い方は「ん?! なんとも無かったよ」と言われます。
“じゃない”方は、「ハンパねぇ 絶対無理!」という類の方もおられます。

マイカー同様に天元台湯元大駐車場(無料)に駐車し、宿の送迎(宿泊者)という選択肢がございます。

ありません。
トイレはフロア毎に男女別(ウォシュレット付)という設えです。

お取り扱いいたしておりません。
現地でのご精算は現金のみになります。

チェックインは、14時10分~16:30迄ににお願いします。
【日没前到着】山奥の秘湯の掟でございます(^^)
尚、上記時間帯より前後する場合はご相談ください。

誠に畏れ入りますが、諸般の事情を総合的に鑑み、ペット同宿は出来ません。

なお、宿前に駐車場がありますので、車中にペット様を御滞在頂くことは可能かと存じます。

それは、福島の高湯温泉ですね。
ここは新高湯温泉と申しまして、山形県米沢市にございます。
久留米と東久留米みたいなもんです。

一般論として、名前、地名のお間違いは、間違う側に責があるのが日本的な礼儀です。 と、誰かが言ってました。

夕食、朝食ともに、基本が部屋食でございます。

4名様以上~ のグループ様や客室が複数になる場合は、別個室を準備いたしております。(宿おまかせ)
いずれにせよ、他のお客様と一緒というカタチではございません。

米沢駅→白布湯元(天元台湯元)の区間は、山形交通の路線バスをご利用いただき、バスの終点(湯元)から宿まで(奥の山道1km)は、宿の送迎車が迎え送りします。(宿泊者様のみ)
主なバス時刻
 米沢駅前 13:30 → 14:11湯元着
 米沢駅前 15:40 → 16:41湯元着
※バス乗車時、または到着時、宿に電話してください。

ゆっくり歩いて30分ぐらいです。

1000mの奥の山道(一部未舗装、殆ど簡易舗装)
急ぎ足だと15分程度ですが、渓流を愛でながら緩やかなペースで坂道を歩かれると気持ちいいです。

先着ドアロック貸切方式を採用いたしております。予約でなく、空いている時にいち早くドアの内鍵をロックすれば貸切となります。予約制=有料化 は、現在致しておりません。

はい。
18:30 ~ 20:01 は、全ての露天風呂を女性タイムといたしております。 その時間帯、男性の方は屋内風呂のみのご利用となります。

◯◯のシーズンについて

無いです。

と言うと端的なのですが、実は夏場でも標高1126mは最高気温が25℃超えると真夏日。 28℃超えると猛暑日と呼んでおりまして、エアコンが必要ないのでございます。
尚、風呂あがりのクールダウン用に各部屋にちっちゃい扇風機を置いております。

意外と少ないです。

標高1126mレベルになりますと、ゼロではありませんが虻や蚊は意外と少ないです。
日中の気温が上がる時間帯、夕方の時間帯など、一時的に賑わう?時がありますが、夕暮れ時になりますと、風がヒンヤリとして虻や蚊は活動を休止するようです。

宿泊するにあたり

集合知が参考になるのは確かです。
ただし、確かな情報をえるには推量統計学上、一定以上のサンプル数が必要です。また、地元でも行ったことない人が思い込みのもと饒舌に語る場合があります。
ご注意ください。
逆質問例:「行ったことあるんですか?」 「それは何年前の情報でしょう?」

There is no staff who speaks English

浴衣、歯ブラシ、タオル、バスタオルは付属します。
★カミソリはご希望の方に提供(無料)。
ボディーソープとシャンプーは屋内風呂に常備。
ドライヤーは屋内風呂と洗面コーナーに常備しています。

無いです。

と言うと端的なのですが、実は夏場でも標高1126mは最高気温が25℃超えると真夏日。 28℃超えると猛暑日と呼んでおりまして、エアコンが必要ないのでございます。
尚、風呂あがりのクールダウン用に各部屋にちっちゃい扇風機を置いております。

YES&NO(^^)
基本的に大丈夫ですが、宿に近づくほど勾配が急になります(簡易アスファルト)ので、操作技術の差が歴然と出ます。
大型、スクーターを問わず、技術レベルの高い方は「ん?! なんとも無かったよ」と言われます。
“じゃない”方は、「ハンパねぇ 絶対無理!」という類の方もおられます。

マイカー同様に天元台湯元大駐車場(無料)に駐車し、宿の送迎(宿泊者)という選択肢がございます。

ありません。
トイレはフロア毎に男女別(ウォシュレット付)という設えです。

お取り扱いいたしておりません。
現地でのご精算は現金のみになります。

au byKDDI→◎5G
Docomo →◎4G
SoftBank →△4G ※屋外で通話通信可能
尚、WILLCOM、EMOBILEは圏外です。

Wi-Fiに関しましては、DOCOMOホーム5G(実際は4G)でロビーに電波を出しております。

チェックインは、14時10分~16:30迄ににお願いします。
【日没前到着】山奥の秘湯の掟でございます(^^)
尚、上記時間帯より前後する場合はご相談ください。

誠に畏れ入りますが、諸般の事情を総合的に鑑み、ペット同宿は出来ません。

なお、宿前に駐車場がありますので、車中にペット様を御滞在頂くことは可能かと存じます。

それは、福島の高湯温泉ですね。
ここは新高湯温泉と申しまして、山形県米沢市にございます。
久留米と東久留米みたいなもんです。

一般論として、名前、地名のお間違いは、間違う側に責があるのが日本的な礼儀です。 と、誰かが言ってました。

夕食、朝食ともに、基本が部屋食でございます。

4名様以上~ のグループ様や客室が複数になる場合は、別個室を準備いたしております。(宿おまかせ)
いずれにせよ、他のお客様と一緒というカタチではございません。
露天風呂・屋内風呂ともに一晩中入浴できます。
※午前 9 時~13 時に順次清掃(毎日)いたします。

米沢駅→白布湯元(天元台湯元)の区間は、山形交通の路線バスをご利用いただき、バスの終点(湯元)から宿まで(奥の山道1km)は、宿の送迎車が迎え送りします。(宿泊者様のみ)
主なバス時刻
 米沢駅前 13:30 → 14:11湯元着
 米沢駅前 15:40 → 16:41湯元着
※バス乗車時、または到着時、宿に電話してください。

ゆっくり歩いて30分ぐらいです。

1000mの奥の山道(一部未舗装、殆ど簡易舗装)
急ぎ足だと15分程度ですが、渓流を愛でながら緩やかなペースで坂道を歩かれると気持ちいいです。

ございます。 0.8kmの登山道で、約30分

標高1126mの宿 → 標高1350mの天元台高原
標高差から結構な勾配であることをお察し下さい。

この区間は、一本道です。迷う心配はございません。

西吾妻トレッキングをなさるのであれば、麓に下ってロープウエイを利用され、体力を山頂でお使い頂くことを薦めております。

高差100m上がると0.65℃下がり、標高差1000mであれば6.5℃違うというのが理屈でございます。
が、アスファルトに囲まれた都市部、中央市街と99%以上森林に覆われている山奥の宿では、真夏で10℃前後違うこともしばしば。

結論が後になりましたが、猛暑日、熱中症という言葉はココにはありません。 熱帯夜という言葉も。

はい。 次のバス時刻に合せて、始発バス停(湯元)までお送りします。

・湯元発9:20(米沢駅前10:04着)

・湯元発10:10(米沢駅前10:54着)※平日のみ
答えから申し上げますと、ほとんど大丈夫です。(*^^*)

確かに稀に勾配で登れなかったり、諦めたりする人がおられます。

例えばの話ですが、皆さんの小学生時代、クラスで鉄棒の逆上がり出来なかったり、自転車に乗れなかったりするお友達が必ずいたはずです。
鉄棒がなければ、逆上がりすることもありません。
自転車がなければ、それに乗る乗れないというお話自体ありません。

「出来なくてもいいんですよ」 「人には得意、不得意がありますからね」
「鉄棒のせいにしたり、自転車のせいにしたりするのは、違いますよねぇ」
というレベルのお話(情報)

そんな私の愛車はアクアFFです(笑) ケートラもよく乗ってます。

意外と少ないです。

標高1126mレベルになりますと、ゼロではありませんが虻や蚊は意外と少ないです。
日中の気温が上がる時間帯、夕方の時間帯など、一時的に賑わう?時がありますが、夕暮れ時になりますと、風がヒンヤリとして虻や蚊は活動を休止するようです。

先着ドアロック貸切方式を採用いたしております。予約でなく、空いている時にいち早くドアの内鍵をロックすれば貸切となります。予約制=有料化 は、現在致しておりません。

はい。
18:30 ~ 20:01 は、全ての露天風呂を女性タイムといたしております。 その時間帯、男性の方は屋内風呂のみのご利用となります。

お風呂について

露天風呂・屋内風呂ともに一晩中入浴できます。
※午前 9 時~13 時に順次清掃(毎日)いたします。

先着ドアロック貸切方式を採用いたしております。予約でなく、空いている時にいち早くドアの内鍵をロックすれば貸切となります。予約制=有料化 は、現在致しておりません。

はい。
18:30 ~ 20:01 は、全ての露天風呂を女性タイムといたしております。 その時間帯、男性の方は屋内風呂のみのご利用となります。

お食事について

夕食、朝食ともに、基本が部屋食でございます。

4名様以上~ のグループ様や客室が複数になる場合は、別個室を準備いたしております。(宿おまかせ)
いずれにせよ、他のお客様と一緒というカタチではございません。